第35回全国都道府県対抗女子駅伝が15日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、千葉は中学生2人の快走などで3位入賞。2012年の3位以来、5年ぶりに表彰台に上がった。

 千葉は1区の加世田梨花(成田高)が、1位から3秒差の4位と好スタート。2区の上田未奈(城西大)が一つ順位を上げ、3区の風間歩佳(旭中)が2位に浮上した。4位でタスキを受けた5区の関谷夏希(大東文化大)が再び2位に。6、7区で6位に下がったが、1位とは8秒差と健闘。8区の土井菜摘(昭和中)が京都に競り勝ち、首位で9区の松崎璃子(積水化学)につないだ。松崎は京都の筒井咲帆(ヤマダ電機)と首位争いを...    
<記事全文を読む>