第35回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市西京極陸上競技場発着の9区間42.195キロで争われ、熊本は2時間21分20秒で16位。2年ぶりの入賞(8位)には届かなかった。京都が2時間17分45秒で3年ぶりの頂点に立ち、最多の優勝回数を16に伸ばした。

 熊本は1区矢田みくに(ルーテル高)が12位発進。2区で15位に下がったが、3区の堤好伽(山鹿中)が区間5位の走りで7位に浮上した。4、5区で順位を落とした後、6区福田妃加里(肥後銀行)が区間1位の力走で5人抜きして16位まで挽回。その後は順位を上げられなかった。

 競技場には積雪が見られ、レース中にも横なぐりの雪が降り、選手の視界が遮...    
<記事全文を読む>