第35回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42.195キロで行われ、京都が2時間17分45秒で3年ぶりの栄冠に輝き、最多の優勝回数を16に伸ばした。愛媛は1区藤原あかね(松山大)が区間42位と出遅れたが、3区西原愛華(新居浜西中)が区間2位で順位を六つ上げた。その後も8区藤田真優(西条北中)が区間10位など健闘し、35位でゴールした。

...    
<記事全文を読む>