第35回全国都道府県対抗女子駅伝(15日・京都市西京極陸上競技場発着=9区間42・195キロ)の開会式が14日、京都市のロームシアター京都で行われ、13年ぶり4度目の頂点を狙う兵庫など47チームが健闘を誓った。

 優勝候補の兵庫は1区から実力者が並び、前半からトップを狙える布陣。前回4区区間賞の太田琴(立命大)が故障明けのため欠場となったが、榎本監督は「個々に力があるので、何とか全員でカバーしてくれる」と期待を寄せた。

...    
<記事全文を読む>