小学生ランナーが健脚を競う「第26回よこはま国際ちびっこ駅伝大会」が14日、横浜市港北区の日産スタジアムで行われた。駅伝(4区間、6.33キロ)には4~6年生の539チーム計2156人、ロードレース(1.6キロ)には3~6年生の計1360人がそれぞれ出場し、寒空の下を力いっぱい駆け抜けた。

 駅伝6年は、千葉県柏市の陸上クラブ「チーム柏」でつくる男子のチーム柏ブレイブと女子のチーム柏ドリームがそろって優勝。駅伝5年男子も「チーム柏」のチーム柏フューチャーが制し、同女子は横浜AC(横谷妃香、坂元結衣、山村心弥、金泉優奈)が頂点に立った。

 駅伝4年男子は横浜AC-4A(佐上湘哉、小菅鉄平、佐...    
<記事全文を読む>