15日に京都市で行われる「第35回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」に向けて、山口県チームが13日、京都入りした。監督、スタッフ、選手らは新幹線で正午前にJR京都駅に到着。駅では関西在住の山口県出身者らが出迎え、激励した。山村進監督(光市陸協)は「チーム力は上がっている。選手は頑張ってくれると思うので応援お願いします」とあいさつ。藤田友里恵主将(天満屋)は「個人の今の力を発揮できるよう頑張りたい」と述べた。昨年は山口県チームの過去最高タイム、2時間19分16秒を出して16位に入った。今年は昨年のメンバーのうち7人がエントリーしている。一昨年のユニバーシアード代表に選ばれ、昨年9区を走っ...    
<記事全文を読む>