第35回全国都道府県対抗女子駅伝は15日午後0時半から、京都市の西京極陸上競技場を発着点とする9区間42・195キロで行われる。徳島県は中高生に勢いがあり、2年ぶりの20位台を目指す。

 昨年は1区で43位と出遅れ、32位にとどまった。序盤で上位に食い込み、中盤以降の順位後退を最小限にとどめて、アンカー伊藤(大塚製薬)につなぐのが理想的だ。目標タイムは昨年(2時間22分10秒)よりも早い2時間21分台としている。

 浮沈の鍵を握る1区は福良(大塚製薬)が預かる。徳島駅伝の41区で大塚製薬陸上部のチームメート3人を抑えて区間賞を獲得し、調子は上向き。好位置に付け、後続に弾みをつけたい。

 2区...    
<記事全文を読む>