兵庫県加東市下滝野の播磨中央公園で15日に行われる「第11回加東伝の助マラソン大会」(神戸新聞社後援)に、加東署チームが初めて参加する。エントリーした署員11人のうち7人は市のマスコットキャラクター「加東伝の助」のコスプレ姿で、振り込め詐欺や交通事故防止の啓発たすきを着けて走る。(桑野博彰) 地域とのふれあい活動の一環。出場する警察官9人と一般職員2人は、同署から同公園までの約5キロを往復するなどのトレーニングを積んでいる。

 大会には距離別・年代別など38部門があり、市内外から延べ2388人が参加を申し込んでいる。今年は市制10周年記念の特別部門として「ファミリージョギング」と「伝の助...    
<記事全文を読む>