第35回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市の西京極陸上競技場発着コース(9区間42.195キロ)に都道府県47チームが参加して実施される。

 前回23位と不本意な結果に終わった埼玉は巻き返しが至上命題。沢口監督(しまむら)も「流れに乗って、8位以内にとどまりたい」と2大会ぶりの入賞へ、意欲を見せる。

 前半でつくった絶好の流れを中盤から後半へと引き継ぎ、7位入賞した2大会前のレース展開をお手本にしたい。

 そういった面で前半、特に1、2区に有力選手を配置できるのは強み。

 1区阿部は、しまむらのエースで前回1区は区間2位と好走した。昨年12月の記録会5000メートルで今夏の世界選手権同種...    
<記事全文を読む>