第35回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着する9区間42・195キロで行われる。本県は宮崎銀行勢や全国大会で上位入賞した高校生を中心に、過去2年連続30位台からの躍進を狙う。直前に故障者が出てベストの布陣が組めないが、西村監督は「目標は10位台。序盤でどれだけ流れをつくり、中盤で踏ん張れるかが鍵になる」と話す。

...    
<記事全文を読む>