戦後最大のイベント、東京五輪が生んだ英雄、円谷幸吉が亡くなって五十回忌を迎えた。27年の短い生涯を駆け抜けた円谷の姿はわれわれに何を残すのか。(宮田建)◎敗れざる人(4)マラソン転向/2万mの世界記録破る 円谷幸吉(1940~68年)は陸上自衛隊の郡山駐屯地(福島県郡山市)時代、ランナーとして着実に成長を遂げる。5000メートルで60年熊本国体5位、61年秋田国体2位。秋田国体1カ月後の青森東京駅伝では3区間を走り、計15人抜き、全て区間新という離れ業をやってのけた。<環境整い練習没頭> 円谷は翌62年、自衛隊体育学校が五輪選手養成のために新設した特別体育課程に入る。陸上に専念できる環...    
<記事全文を読む>