そうじゃ吉備路マラソン実行委は10日、2月26日に総社市を中心に開かれる同マラソンに、同実行委顧問の伊原木隆太岡山県知事が出場すると発表した。

 知事が走るのは、日本陸連公認の10キロの部。知事は昨年11月、岡山市で開かれたおかやまマラソンのファンラン(4・5キロ)を完走しているが、10キロ挑戦は初めて。同実行委を通じて「備中国分寺周辺など歴史ロマンあふれるコースを走れることを楽しみにしている」とコメントを発表した。

 同マラソンは公認のハーフ、10キロをはじめ、フルなど計7種目。既に定員に達したハーフ、3キロを除き、13日までインターネットでエントリーを受け付けている。
<記事全文を読む>