全国女子駅伝は数多くの五輪ランナーを生んできた。2008年の北京五輪女子マラソン代表の中村友梨香さん(30)もその一人だ。女子駅伝で全国優勝の喜びを初めて味わい、都大路での快走を五輪への大きな自信につなげた。現役時代の後半は走ることが嫌いになるほど苦しんだが、引退した今は陸上クラブで競技の普及に務め、世界で活躍する選手の誕生を願っている。

 中村さんは県西宮高3年だった04年の第22回大会に兵庫から初出場し、5区6位で優勝に貢献した。実業団の天満屋に進み、岡山から出場した08年の第26回大会と続く第27回大会で1区区間賞を獲得。特に08年は北京五輪選考会を兼ねた名古屋国際女子マラソンを3...    
<記事全文を読む>