浜松市を拠点にランニング普及に取り組むスポーツマネジメント会社「TOMORUN(トモラン)」が、小中学生の選手強化に力を入れている。四ツ池公園(同市中区)などで週3回教室を開くほか、強化選手を指定し特訓も施す。元スズキ浜松ACの中川智博同社代表(34)は「将来は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場できるチームをつくりたい」と意気込む。

 2016年12月下旬、年内最後の教室が同公園で開かれた。小中学生ら約30人が中川代表の指導で400メートルダッシュなどに取り組んだ。参加した市立城北小6年の宮田怜奈さん(12)は16年の県市町対抗駅伝に浜松市中央チームで出場していて「ダッシュの練...    
<記事全文を読む>