全国都道府県対抗駅伝競走大会(男子第22回、女子第35回)の県選手団結団式が7日、佐賀市の県スポーツ会館であった。選手たちは佐賀の代表として心を合わせ、本番での力走を誓った。

 女子は15日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に9区間42・195キロで開催。男子は22日、広島市平和公園を発着点に7区間48キロで競う。スタートは男女ともに午後0時半。

 結団式では、白井誠県文化・スポーツ交流局長らが「最後まで力を振り絞り、練習に報いるよう頑張ってほしい」と激励した。選手を代表して鹿島実高3年の〓(鶴の俗字、鳩の九が守、寸が隹)田紘子が「粘り強くたすきをつなぎ、応援してくださる方々に...    
<記事全文を読む>