第93回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して復路が行われ、順大は11時間12分42秒で総合4位、中院大は11時間15分25秒で6位だった。ともに来年のシード権を獲得。1位は11時間4分10秒の青学大で、3年連続3度目の総合優勝を果たした。

 青学大は2002~05年まで4連覇した駒大以来、史上6校目の総合3連覇を達成。出雲全日本選抜、全日本と合わせ、史上4校目となる大学駅伝3冠にも輝いた。復路も5時間30分25秒で、3年連続で制した。

 順大は9区の聞谷賢人が区間3位の走りで巻き返すと、10区の作田直也=長生高...    
<記事全文を読む>