早大は逆転優勝を狙った復路で、王者青学大に実力差を見せつけられた。33秒差で出た6区で3年石田(浜松日体高出)が2分以上のリードを許し、1分21秒差に詰めた直後の8区は1年太田(浜松日体高出)が大きく突き放された。最後は東洋大にも抜かれ、3位を守るのが精いっぱいだった。

 ともに初出場の石田と太田が箱根の厳しさを味わった。石田は序盤に差を詰める場面もあったが残り5キロで失速。当日変更で投入された太田は青学大の下田(加藤学園高出)に4分以上離された。

 浜松日体高の先輩後輩で、石田が太田を誘って再びチームメートになった。来季こそ2人でチームを引っ張る覚悟だ。「区間賞争いをする力をつけて優勝し...    
<記事全文を読む>