第93回東京箱根間往復大学駅伝の往路が2日、東京都―神奈川県の5区間(107.5キロ)であり、2区(23.1キロ)で愛媛県立宇和島東高出身の神奈川大3年、鈴木健吾が歴代8位の1時間7分17秒で区間賞を獲得した。

 各校のエース級が顔を並べ「花の2区」と呼ばれる区間。鈴木はトップと5秒差の5位でたすきを受けると先頭集団をけん引した。残り約3キロ地点で後続を引き離し、2位に38秒差のトップでつないだ。

...    
<記事全文を読む>