第93回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、総合3連覇を目指す青学大が5時間33分45秒で3年連続3度目の往路優勝を果たした。3日の復路は5区間、109・6キロで実施される。

 青学大は、追う展開を覚悟した往路でしぶとく逃げ切った。その立役者が3区を走った須磨学園高出身の4年生秋山だ。「直前まで不調で、一番心配だった」という原監督の思いは杞憂(きゆう)となり、2年連続区間賞でトップを奪った。

...    
<記事全文を読む>