第61回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロのコースで行われ、本県のMHPS(三菱日立パワーシステムズ)は4時間52分23秒で4位に入り、1995年の初出場以来、21度目の挑戦で初の8位以内入賞を果たした。

 旭化成が4時間49分55秒で18年ぶりのV。大会最多優勝記録を22に伸ばした。3連覇を狙ったトヨタ自動車が4時間51分2秒で2位。トヨタ自動車九州が3位で、MHPSとは5秒差だった。

 MHPSは、1区目良がトップと2秒差の5位で好発進。2区オムワンバで11位に後退したが、3区木滑が区間7位と力走し、再び入賞圏内の7位に浮...    
<記事全文を読む>