バスケットボール男子のBリーグは29日、船橋市総合体育館などで行われ、東地区3位の千葉は西地区3位の大阪に82-61で快勝した。リーグ戦12月18日以来の連勝を果たし、22勝12敗とした。

 千葉は4点リードを許し試合を折り返すが、後半にパーカーらが守備で流れをつくり逆転。第3クオーターは5失点に抑えた。

 中地区首位の川崎は西地区2位の名古屋Dを72-68で下して29勝5敗とした。名古屋Dは20勝14敗。西地区首位の三河は85-77で東地区首位のA東京に勝って24勝8敗とした。連勝が7で止まったA東京は26勝6敗。

 東地区2位の栃木は82-78でSR渋谷を退けて25勝7敗、中地区2位の三...    
<記事全文を読む>