バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は29日、盛岡市の県営体育館などで行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは中地区最下位の信州に80-54で勝ち、今季初のホーム2連勝を飾った。岩手、信州ともに通算9勝23敗。

 今季ホーム最多の1625人が見守った一戦は、前半は33-29とほぼ互角の展開。岩手は第3クオーターにF千葉慎也主将、PG渋田怜音、G小原良公、SG小野寺祥太の4本の3点シュートで突き放すなど快勝した。

 岩手は来月4、5の両日、東京都の板橋区立小豆沢体育館で中地区4位の東京EXと対戦する。【写真=岩手-信州 第4クオーター、相手のボールをカットし速攻を仕掛けるPF/Cニカエ...    
<記事全文を読む>