車椅子バスケットボールの男子U―23(23歳以下)世界選手権アジアオセアニアゾーン予選会は28日まで、タイ・バンコクで行われ、福井・永平寺中3年の古崎倫太朗(15)がメンバー入りしている日本が準優勝した。日本は上位3チームに与えられるU―23世界選手権(6月、カナダ・トロント)の出場権を得た。

 予選会には6カ国が参加。総当たりの予選リーグと準決勝、決勝が行われた。予選リーグで日本は、初戦の中国を78―16で下し好発進。その後タイ、オーストラリア、インドを退け、全勝同士の対決となったイラン戦も67―56で勝利し、予選リーグを1位で通過した。

 準決勝ではタイを61―37で破り、世界選手権の...    
<記事全文を読む>