バスケットボール男子Bリーグ3部レギュラーシーズン(29日)金沢武士団(サムライズ)は金沢市総合体育館で埼玉ブロンコスと対戦し、67―54で快勝、連勝を14とした。通算16勝2敗で、順位は2位のままとなっている。

 金沢は立ち上がりにターンオーバーを繰り返すなど、ミスが目立ったが、第2クオーター半ばからジーノ・ポマーレやアンドリュー・フィッツジェラルドら外国人選手が当たり強さを生かしたプレーで一気に11得点を挙げ、埼玉を引き離した。

 第3クオーターには井手勇次が鋭いドライブインや3点シュート2本を立て続けに決めて勢いづくと、月野雅人が終了のブザーと同時にダメ押しの3点シュートを放った。デ...    
<記事全文を読む>