バスケットボール男子のBリーグ2部は第16節第1日の28日、各地で9試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは奈良県の大和郡山市総合公園で奈良(中地区)と対戦し、81―79で競り勝って連敗を3で止めた。通算成績は15勝16敗で、順位は3位のまま。

 山形は高橋祐二、佐藤正成(山形南高出)、伊沢実孝、小島佑太、マーカリ・サンダースが先発。前半はサンダースを中心に得点を挙げ、39―41で折り返した。4点ビハインドで迎えた第4ピリオドに佐藤や村上駿斗(山形南高出)の得点などで逆転。終盤に再び追い付かれたが、試合終了のブザーと同時に村上が決勝点を挙げた。フィールドゴール成功率は54.0%、...    
<記事全文を読む>