プロバスケットボールB1第18節は28日、各地で交流戦9試合を行った。栃木ブレックスは東京都の青山学院記念館で中地区4位のSR渋谷と対戦し、68-64で競り勝った。通算成績は24勝7敗、順位は東地区2位で変わらない。

 ブレックスは第1クオーター開始早々、相手に6連続得点を許し0-12と劣勢に立たされた。同5分すぎに須田侑太郎(すだゆうたろう)がフリースローからチームの初得点を奪うと、その後は好守で失点を抑えて点差を詰めた。8-16で迎えた第2クオーターは渡辺裕規(わたなべひろのり)、古川孝敏(ふるかわたかとし)ら4選手が6本の3点シュートを決め、26点を挙げて逆転に成功した。

 一進一退...    
<記事全文を読む>