仙台は勝負弱かった。旧NBLの上位勢に歯が立たない現状で、旧bj勢の京都相手に2日続けて「いい試合」止まりでは許されない。最低でも1勝が求められたカードで、2連敗は痛かった。

 77-79の第4クオーター残り約2分。石川がドリブルで切れ込んでからパスを狙ったが、相手にカットされる。そのままの勢いで攻撃につなげられ失点。さらに、次の攻撃でもドライブからのシュートをブロックされ、流れを引き寄せられなかった。

 第3クオーターまでで自己最多の21得点と奮闘するが、ドライブより外のシュートを防ぐよう京都に守り方を修正されると、最終クオーターは無得点。「チームを勝たせられなければ意味がない。終盤に点...    
<記事全文を読む>