バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は28日、富山市総合体育館でレバンガ北海道(東地区4位)に91-99で敗れた。連勝は2でストップし、通算成績は7勝26敗。

 富山は4点差を追い掛ける第2クオーター、城宝の3点シュートや宇都の得点で盛り返したものの、相手外国人選手を中心にインサイドを崩されて失点。前半で8点のリードを許した。

 第3クオーターでは山崎の3点シュートがさえたほか、ヴァイニーのダンクシュートも決まり勢いに乗った。しかし、相手の精度の高いシュートと軽快なパスワークに苦しみ、及ばなかった。■守備の連係不足敗因 城宝や山崎の3点シュートにヴァイニーのダ...    
<記事全文を読む>