バスケットボール男子Bリーグ1部で2連勝中の富山グラウジーズは28、29の両日、富山市総合体育館でレバンガ北海道と対戦する。今季初となる3連勝には、プロ通算7千得点を達成した主将・城宝の活躍が欠かせない。北海道には国内トップリーグ通算9千得点を誇る46歳のベテラン折茂がいる。リーグ屈指のシューター2人の対決が試合を熱くしそうだ。

 折茂は1993年に当時の日本リーグのトヨタ自動車(現アルバルク東京)に入団。北海道では2007年からプレーしている。美しいフォームからの正確無比な3点シュートが持ち味で、22日の滋賀戦では13分の出場時間で9得点。効率良くシュートを決め、チームに貢献している。...    
<記事全文を読む>