プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは28、29の両日、沖縄市体育館に新潟アルビレックスBBを迎えてホーム2連戦を行う。キングスの選手たちは26日、宜野湾勤労者体育センターで新潟戦を想定した練習をこなし、勝利を目指して汗を流した。

 キングスは富山とのアウェー戦(21、22日)で、最終盤での逆転負けと22点差の大敗を味わった。主将の岸本隆一は富山戦を振り返り、「チーム状態が良くなかったし、受け身に回ったことが敗因だった」と分析した。そして、「アグレッシブではないゲームを2日間やってしまった」と反省している。

 富山戦では選手間の意思疎通ができず、攻守の両面で崩れる場面が...    
<記事全文を読む>