バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)東地区の岩手ビッグブルズは28、29の両日、盛岡市青山の県営体育館で中地区最下位の信州と対戦する。前節でリーグ戦全試合の半分、30試合が終了。今年最初のホームゲームで後半戦に勢いをつける白星をつかみたい。

 岩手の選手は26日、滝沢市の滝沢総合公園体育館で約3時間調整。パス回し、試合形式の練習では実戦さながらの激しい当たりを見せ、上田康徳ヘッドコーチは「ボールを持っている選手へしっかりプレッシャーに行け」など活を入れた。

 特別指定選手として入団した盛岡南高のPG渋田怜音(れおん)、PF永田渉(ともに3年)も積極的にボールに絡み汗を流した。

 岩手は...    
<記事全文を読む>