3人制で競技するバスケットボールの「3×3(スリーバイスリー)」の普及と選手の育成などを目的に、県バスケットボール協会は昨年12月、推進委員会(屋嘉謙呉委員長)を発足した。バスケットボールの国際連盟(FIBA)や日本協会が五輪種目を目指して、周知拡大や競技力向上などに取り組んでおり、その動きに連動した。2月11、12の両日に那覇市民体育館で、日本選手権大会予選を兼ねた第1回の県選手権(県バスケットボール協会主催)を開催する。

 24日、屋嘉委員長ら3×3推進委員会の役員らが琉球新報社を訪れ、委員会の趣旨や今後の目標を説明し、大会をPRした。

 3×3は通常のコートの半分ほどの広さで試合を行...    
<記事全文を読む>