バスケットボール男子、B1東地区4位の仙台は27、28の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で、西地区5位の京都と戦う。25日は同市のHALEOドームで約2時間半、練習した。

 まず京都の攻撃の特徴を確認。実戦練習ではネパウエがリバウンドを奪ってからシュートを決めていた。

 仙台は現在9勝23敗。21、22日のアウェー、SR渋谷(中地区4位)戦は、1試合目は好守を発揮し接戦を制し、2試合目はリバウンドを奪えず敗れた。ホーム戦は10連敗中だ。

 仙台の創設時から6季指揮を執った浜口監督率いる京都は、14勝18敗。ガード小島が昨年12月の日本代表候補合宿で負傷して離脱。今月22日の三遠(中地区2位)...    
<記事全文を読む>