日本バスケットボール協会は23日、女子日本代表の内海知秀ヘッドコーチ(58)=HC、能代工高―日体大出、青森県三沢市出身=の任期満了に伴う退任と、JX-ENEOSでHCを務めるトム・ホーバス氏(49)の女子日本代表HC起用を発表した。東京・飯田橋のホテル・メトロポリタンエドモントで開かれた記者会見で、昨夏のリオデジャネイロ五輪で日本を20年ぶりの8強に導いた内海氏は「達成感はあるが、メダルを獲得できなかった悔しさもある。ホーバス新HCには東京五輪のメダル獲得に挑戦してほしい」と述べた。

 2004年アテネ五輪で指揮を執った内海氏は、08年北京五輪を目指した06~08年に続き、12年のロン...    
<記事全文を読む>