バスケットボール男子のBリーグは22日、千葉ポートアリーナなどで行われ、東地区3位の千葉は西地区首位の三河に74-83で敗れ、20勝12敗となった。三河は23勝7敗。

 千葉は第3クオーター(Q)に3度追いつくなど接戦に持ち込むが、終盤はフリースローを確実に決められ突き放された。第4Qに小野や阿部の連続3点シュートなどで6点差に迫るも、及ばず。

 中地区首位の川崎は栃木に79-70で逆転勝ちし、27勝5敗とした。栃木は23勝7敗。東地区トップのA東京は横浜に90-83で競り勝ち、25勝目(5敗)を挙げた。

 千葉は28日から船橋市総合体育館で西地区3位の大阪と対戦する。

...    
<記事全文を読む>