バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は22日、名古屋市枇杷島スポーツセンターなどで行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは中地区首位のFE名古屋に64-66で惜敗した。3連敗で通算7勝23敗。FE名古屋は24勝6敗とした。東地区首位の群馬は鹿児島に79-52で勝ち、21勝9敗。

 前半で32-39と7点リードされた岩手は、第3クオーターにPF/Cニカエス・ドークスの2点シュート、G小原良公、G永田晃司の3点シュートなどで反撃し3点差に詰め寄った。最終第4クオーターも激戦で逆転する場面もあったが、残り3秒で勝ち越され万事休した。

 岩手は28、29の両日、盛岡市の県営体育館で中地区最下...    
<記事全文を読む>