バスケットボールの女子Wリーグは22日、県武道館などで2次ラウンドを行い、上位リーグのシャンソン化粧品は47-53でトヨタ自動車に屈し、地元戦で連敗した。通算成績は14勝10敗で5位。

 シャンソンは21-26で迎えた第3クオーターに三好南穂、内野智香英(静岡商高出)の3点シュートなどで一時は逆転したが、その後は連係攻撃が機能せず再逆転された。

 【2次ラウンド】 ▽上位リーグ トヨタ自動車 19勝5敗 53(18―15 8―6 13―10 14―16)47 シャンソン化粧品 14勝10敗 ■連係攻撃 機能せず 1度狂った歯車はどうにもかみ合わない。シャンソンはトヨタ自動車に今季最少の47...    
<記事全文を読む>