バスケットボール男子のBリーグ2部は第15節第3日の22日、各地で6試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは山形市総合スポーツセンターで島根(西地区)と対戦し、38―76で大敗した。3連敗となり、通算成績は14勝16敗。順位は変わらず3位。

 山形は山本柊輔、佐藤正成(山形南高出)、伊沢実孝、小島佑太、ゲイリー・ハミルトンが先発。山形は第1ピリオド(P)にターンオーバーから相次いで得点を奪われ、前半は19―37でリードを許した。後半もミスが重なって島根の守備を崩せず、同カード2連敗を喫した。フィールドゴール成功率は島根の52.4%に対し、山形は23.4%と低かった。

 伊沢とセス・...    
<記事全文を読む>