バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は22日、富山市総合体育館で琉球ゴールデンキングス(西地区4位)を92-70で下し、今季初めてホームで連勝した。通算成績は7勝25敗。

 富山は序盤から水戸やピットマン、城宝のシュートで先行。特に第1クオーターではリバウンドや速攻でリズムをつくると、連続得点などで勢いに乗り18点のリードを奪った。

 後半に入っても勢いは止まらず、インサイドでピットマンやヴァイニーが存在感を発揮。アウトサイドからは山崎や岡田が得点を決めた。城宝もフリースローをきっちり沈め、相手を引き離した。

 ピットマンがチーム最多の19得点。水戸の16得点、...    
<記事全文を読む>