バスケットボール男子のBリーグは21日、千葉ポートアリーナなどで行われ、東地区3位の千葉は西地区首位の三河に74-68で競り勝った。全日本総合選手権優勝後初の白星を手に入れ、20勝11敗とした。

 千葉は守備から流れをつかむと、パーカーを中心に反撃。第3クオーターに一挙26点を集め逆転した。リーグ戦では4試合ぶりの勝利。千葉市で今季初の試合開催となり、5876人の観客が集まった。

 東地区首位のA東京は横浜に98-66で大勝し、5連勝で24勝5敗とした。栃木は中地区トップの川崎に72-60で快勝し、23勝6敗。仙台はSR渋谷を84-80で下した。◆チーム最年長 守備で大仕事 千葉・伊藤 千...    
<記事全文を読む>