昨年9月に開幕した国内バスケットボール男子最高峰のBリーグ。1部西地区の琉球ゴールデンキングスは18日の京都戦で30試合を消化し、レギュラーシーズンを折り返した。現在、14勝16敗で地区4位。負けが先行する苦しい結果となった前半戦を振り返る。(勝浦大輔) 昨季のbjリーグ最終シーズンを優勝で飾ったキングスは、旧ナショナルリーグ(NBL)で最多勝率だったアルバルク東京とBリーグ開幕戦の大役を担った。A東京に2連敗し、日本代表選手を擁する旧NBLの強豪チームに洗礼を浴びる形で、新リーグのスタートを切った。

 その後も、レギュラーシーズンでは実に6季ぶりとなる4連敗を2度喫するなど、厳しい戦い...    
<記事全文を読む>