男子バスケットボールBリーグ2部の青森ワッツは21日、八戸市東体育館で中地区5位の信州ブレイブウォリアーズと対戦し、96―71で大勝。東地区4位に浮上した。

 ワッツは第1クオーターから、素早いボール運びと堅守で相手を翻弄。52―31と相手を突き放し、前半を折り返した。

 後半も豊富な運動量を維持し、カイル・バローンが連続12得点を決めるなど、終始相手を圧倒。2017年初のホーム戦を白星で飾った。

 ワッツは22日も同会場で信州と対戦する。試合開始は午後2時。

...    
<記事全文を読む>