バスケットボール男子・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズは21、22の両日、山形市総合スポーツセンターで島根と対戦する。今節を終えれば、全60試合のうち半分を消化することになる。約3週間のリーグ中断期間を経て選手のコンディションは上々。およそ1カ月ぶりのホーム戦で勝利を手にしたい。

 山形は20日、試合会場で調整した。3日の愛媛戦後、1週間程度のオフを挟んだ上で、練習を再開。愛媛戦で3点に抑えられたピリオドがあったことを踏まえ、棟方公寿ヘッドコーチ(HC)は「攻撃ではシュートが入らなくても考えすぎず、思い切りよく打つことを主に確認し合ってきた」。一部選手のポジション変更を試すなど、中...    
<記事全文を読む>