バスケットボール男子、B1東地区5位の仙台は21、22の両日、東京の青山学院記念館で、中地区4位のSR渋谷と戦う。20日は仙台市の仙台大明仙バスケ・ラボで約1時間、最終調整した。

 速攻の練習の後、実戦メニューをこなした。石川はドライブからのパスで、何度もシュートチャンスを演出していた。

 SR渋谷の3点シュート試投数は1試合平均26.6でリーグ最多。間橋監督は「3点シュートを打たせないよう守る。攻撃はガード陣が走ってかき回してほしい」と語った。

...    
<記事全文を読む>