プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズは十八日夜、大津市のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で名古屋ダイヤモンドドルフィンズに62-75で敗れ、リーグ再開初戦は黒星発進となった。

 通算成績は六勝二十四敗で西地区最下位の六位。

 第1クオーター(Q)序盤はボールが手に付かず、このQだけでボールを失うターンオーバーは10となり、12-24と大差をつけられた。第3Qでは一時、2点差まで迫ったが追いつけなかった。ジュリアン・マブンガ選手が25得点、新加入のクレイグ・ブラッキンズ選手が20得点を挙げた。ルーキーの高橋耕陽選手も初出場した。

 二十一、二十二日はアウェーで、レバンガ北海道...    
<記事全文を読む>