男子プロバスケットボール・Bリーグの栃木ブレックスに、新メンバーの生原秀将(いくはらしゅうすけ)選手(22)が加わった。生原選手は県庁で会見し、「泥くさいプレーを全力でやりたい」と意気込んだ。

 生原選手は徳島市出身。身長181センチ、体重80キロでポジションはガード。筑波大でプレーし、2014~16年には全日本大学選手権で3連覇した。Bリーグになった今シーズンから、規定の13人までの選手のほかに、特別指定選手として16~22歳の選手を2人まで登録できるようになり、チームはこれを利用した。

 栃木ブレックスの印象について、生原選手は「地域で一つになっているし、組織で戦うことを重要視している...    
<記事全文を読む>