バスケットボール男子のBリーグは18日、栃木県立県南体育館などで行われ、全日本総合選手権を制した東地区3位の千葉は67-80で同2位の栃木に敗れ、19勝11敗。栃木は22勝6敗。千葉は序盤に流れをつかめず19点差をつけられて前半を終え、リーグ戦3連敗。

 中地区首位の川崎はSR渋谷に69-66で競り勝ち、26勝4敗とした。SR渋谷は14勝14敗。川崎はスピードある攻撃を見せて前半で35-28とし、逃げ切った。SR渋谷は新加入のサクレが25得点を記録した。中地区2位の三遠は富山に80-68で快勝して17勝目(13敗)を挙げ、西地区2位の名古屋Dは滋賀を75-62で破って19勝目(11敗)。...    
<記事全文を読む>