バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は18日、愛知県の豊橋市総合体育館で三遠ネオフェニックス(同地区2位)に68-79で敗れ、2017年最初の試合を白星で飾ることができなかった。連勝は2でストップし、通算成績は5勝25敗。

 富山は前半、相手の外国人選手を中心に得点を許し、11点差を付けられた。後半の第3クオーターは、フリースローの失敗などからリズムに乗ることができずリードを広げられた。第4クオーターでは、ピットマンやヴァイニー、ウィラードら外国人選手が奮起。一時は4点差まで詰め寄ったものの及ばなかった。

 ボブ・ナッシュヘッドコーチは「終盤にフリースローを決...    
<記事全文を読む>