プロバスケットボールB1は18日、各地で第16節7試合を行った。栃木ブレックスは県南体育館で東地区3位の千葉と対戦、80-67で快勝した。通算成績は22勝6敗。東地区2位は変わらない。

 ブレックスは6日の全日本総合選手権準々決勝で完敗し、日本一の座を許した千葉を相手に終始攻勢を仕掛けた。

 開始序盤から激しい守備でリバウンドを取っては遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートや竹内公輔(たけうちこうすけ)のゴール下で加点し、第1クオーターを21-13とリード。第2クオーターも古川孝敏(ふるかわたかとし)とジェフ・ギブスが連続でファウルを受けながらシュートを決めるなど42-23と点差を広げ...    
<記事全文を読む>