後半戦の白星スタートを切ることはかなわなかった。仙台はリーグ戦3試合で大敗を喫していたA東京に高さで屈した。

 柳川や熊谷が自分のマークを捨てて他の4人のマッチアップをカバーする守備は、一定程度機能した。A東京の中心選手のギャレットと田中を、共に前半2得点に抑えた。フリーにさせていた伏兵の正中らには外から得点を許したが、それは計算内だった。

 誤算だったのは、リバウンドで14本もの差をつけられたこと。狙い通りシュートを外させても、長身選手をそろえるA東京にオフェンスリバウンドを奪われた。フィールドゴール成功率はほぼ同じだったが、攻撃回数で相手が上回った分、点差が開いた。

 柳川は「ポイントゲ...    
<記事全文を読む>